着物のお手入れ方法

着物のお手入れ方法についてご家庭で出来ることを簡単にご紹介いたします。

1.着物のチェック

まず、着物を脱がれたら、まずはシミ・汚れ・シワのチェックをしてください。
見つかった場合は、以下をご覧いただき、処理をいたします。

2.ホコリとり

次に、手ぬぐいなどでホコリを落とします。
特に袖の袂の部分には溜まりやすいのでしっかり取り除いてください。

3.陰干し

衣紋掛けや専用ハンガーなどで、1日程度陰干しをしてください。

 

★シミ・汚れ・シワが見つかったら

 

◎水やお茶などの汚れ(水溶性)
汚れが水溶性のものの場合、着物の下にタオルなどを敷いて、水を含ませたタオルで表から軽く叩いて落としていきます。根気よく何度も繰り返すと汚れを下に敷いたタオルへと移っていきます。

◎油汚れ

油分を含む汚れの場合、水溶性の汚れと同じように水を含ませたタオルで叩いて落としますが、完全には汚れが落ちないことが多いので、一旦乾燥させたあと、ベンジンなどで汚れを落とします。

◎汗のシミなど

汗は放置しておくと黄ばみなどのシミの原因になります。着物をハンガーに掛け、表面と裏面を霧吹きなどで濡らし、乾いたタオルで両面から押さえ込むようにして汗を吸い取っていきます。その後陰干しで乾燥させます。濡らしすぎには注意してください。

◎シワ

着物にシワが付いてたしまった場合は、木綿の布をあてて、アイロンを素早くかけます。スチームアイロンは使わず、刺繍などの部分はさけながら軽くアイロンを乗せるくらいにします。

※どうしても落ちない場合

これらの方法で落とせなかった汚れや、長年の使用でついてしまったシミなどは、無理にこすって落とそうとしたりせずに、専門の業者にお任せましょう。